ローソンのシルフォンの糖質やカロリーは?期間はいつまで?

ローソンのウチカフェスイーツシリーズとして、2019年3月12日から発売となった『シルフォン~シルクミルクシフォン~』

発売当初から美味しい!と人気の高いウチカフェスイーツとなっています!

そこで今回は、ローソンのウチカフェスイーツのシルフォンを詳しく紹介していきますよ。

シルフォンのウリとなっている糖質をはじめ、カロリーや販売期間がいつまでなのか?調べていきたいと思います。

ローソンのシルフォンとは・・・?

2019年3月12日から、ローソンのウチカフェスイーツシリーズとして、発売開始となった『シルフォン~シルクミルクシフォン~』。

ローソンカラーで、牛柄をイメージさせるようなかわいいパッケージとなっているローソンのシルフォン。

一体、ローソンのシルフォンとはどんな商品なのでしょうか?

ローソンのシルフォンは、パッケージにも記載されているように、最大のウリは”低糖質”ということ。

ローソンのシルフォンは、エリスリトールを使用した低糖質スイーツなんです!

ただ、低糖質とは思えないほど、たっぷりの濃厚クリームが使用されています。

クリームの下にはシフォン生地となっていて、シフォンケーキとスポンジケーキの中間と言えるような食感。

スポンジケーキよりはふわふわで、シフォンケーキよりは弾力が少なめといった感じですね!

このシフォン生地の上に、濃厚でコクのある生クリームがたっぷり乗っていて、生クリームだけで食べても良し、生クリームとシフォン生地を一緒に食べるのも良いですね!

生クリームとシフォン生地だけというシンプルなウチカフェスイーツとなっています。

ローソンのシフォンの糖質は?

ローソンのウチカフェスイーツ『シルフォン』の最大のウリは、”糖質”です。

ローソンのシルフォンは、エリスリトールを使用した低糖質スイーツで、その糖質はわずか9.8g

エリスリトールを除いた糖質は、8.3gと糖質を気にされている方には、嬉しい低糖質スイーツとなっています。

ちなみにエリスリトールとは、天然の糖アルコールという糖質の一種で、天然甘味料です。

エリスリトールは、糖質カットやダイエットの目的で砂糖の代わりに使用され、体内で消化や吸収されないため、エリスリトールを摂取した際のカロリーはゼロとなります。

ちなみにローソンの人気スイーツの1つ、プレミアムロールケーキの糖質は14.3g。

また、話題の商品となっている『バスチー』の糖質は23.4g、『ザクシュー』の糖質は26.1gとなっています。

ローソンの人気スイーツ商品の糖質と比べてもらえたら、シルフォンの糖質が低糖質だということが、一目でわかっていただけると思います!

ローソンのシルフォンのカロリーは?

では、ローソンの低糖質スイーツ『シルフォン』のカロリーはどうなのでしょうか?

シルフォンのカロリーは、171キロカロリーとなっています!

ちなみに、ローソンの人気スイーツとして人気の高いプレミアムロールケーキのカロリーは214キロカロリーです。

また、『バスチー』のカロリーは260キロカロリー、『ザクシュー』のカロリー292キロカロリーとなっています。

ローソンのシルフォンは、低糖質だけでなく、ローソンの人気スイーツの中では、カロリーも低いスイーツと言えますね!

ローソンのシルフォンの販売期間は?

ローソンのウチカフェスイーツ『シルフォン』の販売期間はいつまでなのでしょうか?

調べてみたところ、期間限定のスイーツといった情報はないので、いつまでという販売期間を設定されていないと思います。

なので、シルフォンの売れ行きによっては、低糖質の定番スイーツとしてレギュラー化する可能性も十分あるのではないでしょうか?

実際にローソンのシルフォンを食べられた方からは、”美味しかった!!”という多数の声が上がっていますからね!

https://www.instagram.com/p/BvdsGOjnWxs/

販売期間はいつまでかわかりませんが、これだけ多数の声が上がっているなら、低糖質スイーツとしてレギュラー化間違いなしなのでは?

まだローソンのシルフォンを食べられたことがない方は、ぜひ試してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!